ホーム 保守・サポート 事例紹介 Data Domain保守事例

保守・サポート事例

Data Domain保守事例

データセンター H様
DataDomain

eolまで残り数ヶ月と迫っていた中、リプレイスを検討するにも時間がなかったので、製品の調査から行っていただけて大変助かりました。
延命保守をお願いしている間にリプレイスプランを入念に検討する時間が取れました

Task
お客さまの課題

eol間近になった製品の保守をお願いしたい

大手データセンター様から「DataDomainのeolが数ヶ月後に迫っているのでリプレイスのプランを検討する期間が欲しいので、その間の保守をお願いしたい」とのご相談をいただきました。

お客様のご要望
  • リプレイスも考えたいので、それまでの間eol間近になった製品の保守をお願いしたい
Suggestion
当社からの提案

全拠点のeol製品の状況を調査

eolが残り数ヶ月と差し迫っていたので、お客様がリプレイスプランを検討する時間を持てるように、弊社が各拠点のeol製品の調査等を行いオンサイト保守サービスを承る事をご提案しました。

Result
結果

延命保守をお願いしている間にリプレイスプランを入念に検討する時間ができました

DataDomainのeolが数ヶ月後に迫っている状況で、リプレースをするにも検討、実施に時間を要し、期限までの入れ替えが間に合わず、代替案として保守延命を希望されていました。案件状況のヒアリングを行い、本ストレージ製品の延命保守を実施させていただきました。

お客様の声
保守サポート期限が迫っている中で、保守延命のご提案をいただきました。 見積の際のヒアリング、構成判別の為のログ確認や指示も的確で安心して保守延命をお任せする事ができました。2年間の延命が確定したことにより、リプレースの検討案や選択肢も増え、予算の削減にもつながりました。

PAGE TOP