X}[gtH

インフラ構築事例

Case1

某食品系商社 Y様

サーバ構築/セキュリティ構築:
Windows 2003 serverのサポート終了に伴うサーバのリプレースをしたい。
またITに詳しい担当者がいない為、リプレース以外にも社内システムを総合的にサポートしてくれると助かる。
ATCからのご提案
お客様に現状のヒアリングを行ったところ、データバックアップを取っておらず、セキュリティソフトの管理も出来ておりませんでした。
お客様のご要望に総合的にサポートして欲しいとありましたので、上記の点も踏まえてサーバー入れ替えだけでなく、バックアップHDDの導入、バックアップソフト導入、ウイルスソフト入れ替えをご提案しました。
提案の理由とポイント
情報の管理についての関心が高まっている時期でしたので、今後を見据えたご提案を心がけました。バックアップ等の社内運用への安心感はもちろん、セキュリティ対策についても詳しくご説明し、安定した環境を総合的にご提案しました。
決め手
こちらのお客様は社内にシステム専任者がいらっしゃらないということで、総合的にご案内できたことが決めてとなりました。
今回のご提案で弊社の技術力に対し信頼を頂く事が出来、構築が終わってからのサポートも当社へご依頼頂けました。
当社への評価・ご意見
リプレース作業についてもその後のサポートについても非常に満足しているとのお声を頂いております。
システムの事を相談できるところが出来て、非常に心強いと信頼して頂いております。

Case2

物流会社 S様

セキュリティ構築:
現在のネットワーク環境のセキュリティに不安があり、もっとセキュリティ対策を強化したい。
ATCからのご提案
お客様はセキュリティー対策に不安を感じておられましたが、具体的には何をどうすれば良いのか検討がつかないという状況でした。そこで弊社エンジニアが現状のネットワーク環境を診断し、問題点を洗い出す事から始めました。その結果、セキュリティ対策の側面から見ると、一部カバーできていない箇所が見つかりましたので、解決策として、現行のファイヤーウォールとスイッチを外し、UTM(Fortigate)に入れ替えるというご提案をしました。
提案の理由とポイント
FortiGateは、1台の機械でセグメントを分けられ、様々な機能を1台に統合しているため、お客様のご要望にも広く対応できる機器でした。
またファイヤーウォールとスイッチをFortiGateに統合することによりセキュリティを強化しつつ、管理コストを削減できる為、コストメリットも感じて頂けたかと思います。
決め手
お客様に現状のネットワークの問題点、改善点を細かにカウンセリング出来た事です。一部の機能の強化ではなく、全体的に広くカバーしたいというお客様のご要望もございましたので、その内容も取り入れた形でご提案させて頂きました。また機器の機能に関する詳細な説明を行い、お客様に機器導入のメリットを強く感じて頂けたことも決め手となりました。

Case3

化学薬品会社 T様

ネットワーク構築:
オフィスと道路をはさんだ反対側にある物流倉庫内PCのLANをあまり費用をかけずに構築したい。
ATCからのご提案
道路の占有はできないため、無線LAN機器の導入による無線ネットワーク構築をご提案しました。
お客様から費用があまりかけられないとのご要望がございましたので、国産のリーズナブルな機器を使用して構築する案を出させて頂きました。
提案の理由とポイント
長期的に安定した通信環境を維持するため、屋外用アクセスポイントと指向性アンテナ、同軸ケーブルをして構築することをご提案しました。
お客様の望んだ環境をお客様の希望する予算内で納めるという点にも気を使いました。
通常であれば弊社が得意とするCISCO機器を用いての構築をご提案するところでしたが、予算との兼ね合いで臨機応変に使用する機器を変えてご提案出来た事も大きいと思います。弊社が売りたいものではなく、お客様のご要望に一番マッチするものをご提案するという方針で進めました。
決め手
当社で対応できない配線箇所については、配線業者と提携することで、お客様の要望に沿うご提案ができたことだと思います。実際の構築でも、当社の多数の設定経験と他関連業者との連携、事前打ち合わせによる入念な準備で、迅速かつ確実に構築作業を進めることができました。
当社への評価・ご意見
構築後一度もトラブルなく感謝しています。とのお声を頂きました。

Case4

データセンター K様

サーバ構築:
使用中のDELLサーバにて障害が発生したが、保守契約が切れている為、メーカに断られてしまった。OSについてもサポート切れのWindows2003 serverにて運用しているのだが、保守対応をお願いできないか。
ATCからのご提案
ヒアリングの結果バックアップも厳密に行えていなかったので、今後の事も踏まえて現行サーバの復旧ではなく、NASとUPSも含めたリプレース、及びそれに伴う移行作業をご提案しました。
またお客様でリプレースに関する予算全てを一度には取れないとの事でしたので、HWについてはレンタルにて導入をご提案致しました。
提案の理由とポイント
お客様はDELLのサーバをお使いでしたが、この先EOLになったときを考慮してHPサーバにてリプレースをご提案致しました。
HPサーバはマーケットでの部材流通が多く、保守延命がし易いというメリットがあり、将来的に現在起こっているような保守切れ問題を回避できる為、この点が最もお客様に響いたのではないかと思います。
当初は修理のお問合わせだったのですが、その時だけの稼動ではなく、お客様にとっての運用のしやすさを考え、リプレースをご提案しました。
決め手
リプレース作業、レンタルでの機器ご提供、将来の延命保守を考慮したご提案等、弊社が持つ複数のサービスを上手く組み合わせた事が決めてになったと感じております。
移行作業が出来る会社、レンタルが出来る会社、延命保守が出来る会社はそれぞれたくさんございますが、全てをワンストップでご提案できるという事が強みになったと思います。